お 仕事 系 青春 小説

発行者: 16.08.2020

拝金 青春経済小説. 半沢さんの筋を通した活躍が非常に面白い。サラリーマンとして、自分ももっとがんばらなければという思いにさせてくれます。しかし、出世レース、派閥と、同じ企業でも一枚岩ではない。そのような殺伐とした中で、やはり同期は信用できるし、信頼できる大事な仲間なのであろう。仕事で一番大事なのは、人間関係ということを再認識しました。 Posted by ブクログ.

泥棒を生業とする男、父に自殺された青年、不倫をしている女性カウンセラー、職を失い野良犬を拾った男……。別々の人生がそれぞれ流れている。だけど、どこかで繋がっていた。読み進めていくたびに驚きが待っていて、この巧さには感動します。先を読んだつもりでも全然追いつかない、伊坂幸太郎はやっぱりすごいなぁ。 Posted by ブクログ.

おすすめの理由ピックアップ シンプルにいい恋愛小説。. 袋小路の男 絲山秋子. 弁当屋 さんのおもてなし 角川文庫. 子犬のように、君を飼う 大石圭.

17. 12 2. 1020. Posted by .

  • ちょっと毛並みが違うが、これは一つの「青春小説」「企業小説」として僕は捉えている。映画「ソーシャルネットワーク」よりも深く詳しくこのモンスターサービスが産まれるまでの葛藤を描き、ザッカーバーグの信念さえも見れる。 そもそもフェイスブックの生まれる話が面白くないわけがない。. ラブストーリーの神様が紡ぐ、純愛と救済の物語 シングルマザーのカスミと売れっ子デザイナーのユーリ。運命に導かれた二人の恋の行方は…。北川悦吏子脚本連続ドラマのノベライズ。.
  • おすすめの理由ピックアップ 良いです。 泣ける。.

ベストアンサー以外の回答

面白くて途中で止められなかった。何度か涙ぐみそうになりながら堪えてたのにページ超えた頃からページをめくる毎にこみ上げてきて泣きながら読んだ。爽やかでスポ根で若者たちの気持ちが痛くて。良い作品! Posted by ブクログ. 恋虫 角川文庫.

銀座鮨店に10年通ったバブル期OL物語。  80年代。都内で働いていた青子は、25歳で会社を辞め、栃木の実家へ帰る決意をする。その日、彼女は送別会をかね、上司に連れられて銀座の高級鮨店のカウンターに座っていた。彼女は、そのお店で衝撃を受ける。そこでは、職人が握った鮨を掌から貰い受けて食べるの 切れない糸 創元推理文庫. 子犬のように、君を飼う 大石圭.

  • 日韓の政治的軋轢は無くなる気配ないし、民間レベルでもヘイトが渦巻く現代ですがこの小説の輝きは別問題としてとらえたほうがいい。 青春、恋愛を謳歌するには2つの国のわだかまりはあまりに大きい。だからこそ懸命に生きる若者に感情移入できる。在日韓国人の主人公が日本人の少女に恋をして傷つき成長していく物語。 日韓の問題に対して私が言うべきことはないがこの青春小説は素晴らしいということは断言しておこう。.
  • おすすめの理由ピックアップ 学生時代に戻りたくなる。. 黄泉がえりの町で、君と 角川ホラー文庫.

RECOMMEND Posted by .

4位:仕事やめます!挫折系女子の転職ほのぼの日記

おすすめの理由ピックアップ 樹くんが今までにないタイプのヒーローで素敵です! 貧乏グルメ的展開のなかで、どこにでもある日常が、特別になっていく感じが、上手いなあと。 植物男子と美味しいごはんの組み合わせがいい。 知っている方が大勢いると思いますが、映画等の映像で見るより有川さんの綴る文章が美しく主人公に感情移入しやすいです。 実際にあったらいいと思える出逢い方。 幸せになってほしいと思える。. そのときは彼によろしく 市川拓司. ぼくの嘘 角川文庫.

主に読んだ本の紹介や出版関係のことなどについて書いています

親父が竜馬大好きでその影響で僕もずっと好きだった坂本竜馬。本を読んだのは大人になってからだった。全8巻と長編も竜馬が魅力的であっという間に読了。幕末という動乱の中で駆けまくる竜馬にどっぷりとハマった。 全8巻大長編だが長さを感じさせず、むしろもう終わってしまうのかと寂しささえ感じてしまう歴史小説の大傑作 。. ラッシュライフ 新潮文庫. 恋愛中毒 山本文緒. おすすめの理由ピックアップ 今でも記憶に残る名作。 二面性の発現。.

5位:クリーニング屋を営む傍らで起こる日常ミステリー

僕は小説が書けない 角川文庫. 角川文庫だと 有川浩 さんの「 図書館戦争 」、 桜庭一樹 さんの「 GOSICK 」上橋 菜穂子さんの「鹿の王」、 太田紫織 さんの「 櫻子さんの足下には死体が埋まっている 」 榎田ユウリ さんの「 カブキブ! おすすめの理由ピックアップ 読みやすい。. 精霊の守り人 新潮文庫.

有用? リポストしてください!

評価:2

最新ニュース